ホテルライクな雰囲気を演出したいならモールディングを

ホテルライクな雰囲気を演出したいならモールディングを
LINEで送る




今回のテーマは、

「ホテルライクな雰囲気を演出したいならモールディングを

 

海外ホテルアウトリガーのような、ホテルライクな雰囲気を自宅で演出するためにはどうすればイイのか。

内装インテリアを検討していくなかで検討していると、目に留まった「モールディング」の存在。

 

いわゆる天井のフチを装飾する廻り縁や、窓枠の装飾、巾木などのことですが、こんなにオシャレなものも手に入るのかと驚き。

ということで今回は、絶対に取り付けてみたいモールディングについて、お話したいと思います。

モールディングとは

▲クリックで拡大

MOULDING PRODUCTさんのホームページから引用させていただきましたが、これが一番わかりやすい。

 

一口にモールディングと言っても、それは天井の廻り縁や窓・ドアのケーシング、腰高の見切り材であるチェアレールなどの総称を言います。

こんなにもたくさんの種類があるのですね、まずそれに驚き。

 

▲クリックで拡大

モールディングを付けると、家を洋館のような仕上がりにすることができます。

すごく優雅でゴージャス、オシャレな雰囲気ですよね。

 

アウトリガーな雰囲気にしたいので、上図のようにまんま同じようには付けれませんが、廻り縁とか一部だけでも使いたいなあと思うわけです。

しかし普通に工務店さんと打ち合わせしてたって、モールディングについてどうするかなんて、事細かには聞かれません。

 

だから、全部自分たちで調べて、この部材を使ってこんなイメージで仕上げてくださいと指定しなければ。

あーちゃん
うちのマンションには廻り縁とかついてないから、よくわからなかったわ。
みーたん
しかも最近は、家をスッキリ見せたいから廻り縁を付けない、って人のほうが多いって言ってたよ。
あーちゃん
あと大事な問題、普通のメーカーの巾木とか廻り縁って、ラインが細すぎてボリューム感が出ないんだよね。つまりデザイン性がとってもイマイチ。

工務店お任せは細すぎてイヤ

▲クリックで拡大

たとえば工務店さんに、何も考えずに廻り縁を付けてもらうようお願いすると、20mmから35mm程度の細い廻り縁しかつけてくれません。

いやそもそも、メーカー品から選択する場合は、その太さが規格上限界なんですよね。

 

ハウスメーカー・工務店さんによっては、太い廻り縁や二重廻り縁が標準仕様というところもあるようですが。

 

▲クリックで拡大▲

上図はアウトリガーグアムホテルの部屋の写真ですが、天井についている廻り縁のような太いものを付けたい。

ボリューム感があるから存在感も増すわけで、それがインテリアと一体化するからオシャレに見える。

 

そのためには、廻り縁にせめて100mm以上の太さがないと。

みーたん
細いやつを付けても、期待はずれになりそうだよね。それなら付けないほうがイイとも思う。
あーちゃん
一条工務店さんなんかは、二重廻り縁を付けれるらしいよ?イイよねえええ。ボクたちは地道に部材を探して付けてもらうしかないや。

----スポンサーさまのPRです^^♪----

モールディング材通販サイト みはしショップ

▲クリックで拡大▲

さてどうしようかと悩んでいるときに見つけたのが、「モールディング材通販サイト みはしショップ」さん。

モールディング材の専門店のようなところ。

 

▲クリックで拡大▲

ホームページを実際に見てみると、あるわあるわ、廻り縁がたっくさんあったのです。

物が白い状態になっていますが、下地塗装が済んでいるものであって、ここから水性塗料で色付けをして、実際に取り付けられるそうです。

 

上図のものはポリウレタン製で、加工もしやすく、ローコストでゴージャスな雰囲気を造り上げることができる、とのウリ文句が。

すごく気になります。

 

▲クリックで拡大▲

長さは2,400mm単位で販売されていて、太さはかなり幅があります。

上図左は40mm程度ですが、右はなんと133mmもの太さを出すことができる。

 

価格はやはり太いほうが高く、太さ100mmを境に金額が倍近く変わるようです。

だいたいのところで100mm未満で約3,000円、100mm以上で約6,000円という感じ。

 

▲クリックで拡大▲

材質はポリウレタンに限りません。

外壁にも使用できる不燃材や天然木なども幅広くあります。

とにかく、インターネットだけでは見切れないくらいに数がある。

みーたん
なにここ、こんな通販サイトがあったんだねえ。初めて見たよ。モールディング材って言うくらいだから、廻り縁のほかに色んな物があるんじゃないの?
あーちゃん
ね、ビックリだよ。そのとおり、廻り縁や見切り材だけじゃなくて、もう気になるものだらけでまいっているよ。

廻り縁以外のモールディングもたくさん

▲クリックで拡大▲

壁面装飾ボードも気になるものが山ほど。

これまではクロスにこだわるほか、タイルやエコカラットとか、そういうメーカーものを中心に使おうかと思っていましたが、価格によってはこれを使うのもアリかもしれません。

 

かなり立体的に見える、装飾性の高い品々だと思います。

㎡単価を見ても、たとえばリクシルさんでタイルを調達して貼るのと変わらないんですよね。

 

▲クリックで拡大▲

壁や天井飾りにも、おもしろそうな商品が揃っています。

シャンデリアをさらに豪華に演出するメダリオンや、オーナメント、フラワーポットなど。

 

ニッチだって装飾用のフレームがあるなんて。

マントルピースが一番謎、暖炉みたいな装飾、たしかにすごいなあとは思うのですが、まさかこんなふうに買えるなんて。

 

ここまででもごく一部の商品、ぜひ一度、みはしショップさんのホームページを隅から隅まで見てみてください。

かなりワクワクするものが揃っていますよ。

それに、楽天市場さんにも出店しているので、ポイントも付くのでお得です。

みーたん
すごいじゃん!絶対付けてみたい!とは思うんだけどさ、実物見ないと怖くない?
あーちゃん
うん、だから、実物を見に行けばイイんだよ。ショールームで展示販売もやってるみたいだよ?

----スポンサーさまのPRです^^♪----

みはしショップさんのショールーム

▲クリックで拡大▲

みはしショップさんには、実際に商品を手にとって見ることのできるショールームがあります。

東京には板橋区と青山に、大阪にも展示場があります。

 

板橋区のほうでは、小売りまでしているそうなので、気にいったものがあったらお持ち帰りもできるそうですね。

みーたん
そういえば輸入物で思い出したけど、輸入水栓関係を調べに行ったとき、同じようにショールームにまで見に行ったよね。やっぱり不安だから見に行かないと。
あーちゃん
場所もそこまで遠いわけじゃないから行けるね。まずはこれを取り付けれるか、工務店さんに聞いてみないとな。色付けの問題もあるしさ。

最後に

そろそろ着工してしまうので、早めに気付けて良かったと思うばかり。

内装に関しては、ギリギリまで迷うことができますからね。

 

またショールームに行った際には、実際のところや気になったものなど、お伝えしていきたいと思います。

注文住宅、細かいところがまだ全然決まってないですが・・・本当に大丈夫なのだろうか。

寝室 シリーズ記事