2階洗面台の壁排水・壁給水は・・・造作板の高さにも影響が

2階洗面台の壁排水・壁給水は・・・造作板の高さにも影響が

今回のテーマは、

「2階洗面台の壁排水・壁給水は・・・造作板の高さにも影響が

 

注文住宅完成まで、残り1ヵ月というところ。

以前、2階洗面台の給水・排水を、床ではなく壁にしたいというお話をしたんですけど、なんとまた他にも問題が😢

 

今回はその続編、2階洗面台の壁排水・壁給水は、造作板の高さにも影響を及ぼしちゃうというお話です👍

わたしたちの洗面台の造り

▲クリックで拡大

わたしたちの2階メイン洗面台は、上図の造りを予定しています。

カウンターはアイカさんのスタイリッシュカウンターを、そしてボウルと水栓は、リクシルさんのものを使うと💕

 

そしてブルーになっている部分が、壁排水を示すところですね💡

ボウルから排水管が、床にストンと落ちるのは見栄えが非常に悪いから、無理やり壁排水にしてもらったんです💦

 

 

▲クリックで拡大

無理やりって、、、上図は横から見たときのものですが、無理やり壁排水に・・・。

いったん壁を通して、最終的に床に戻るって感じの😲

 

工務店さんは、イヤがってましたけどね・・・これはゆずれなくって、押し通してもらったんです💡

みーたん
最初壁排水はできないって言われてたもんね。でも最終的にできてよかったよかったあああ、と思ったら、またハプニングか。
あーちゃん
現場の大工さんが言うに・・・真ん中の板の高さを低くしないと無理だと・・・。

実際の洗面台まわりの様子と問題点

▲クリックで拡大

で、洗面台製作の途中経過が上図。

グリーンの丸が排水管、レッドの丸が壁排水から落としてきた排水管を、床排水に無理やり変えている部分ですって😲

 

まあそれは予定どおりなのでイイんですけど・・・・

丸で囲まれているもの以外に、なんかが2つずつピョコンと出ているんですけど・・・コレなに。

 

その正体は、給水管なんですって。そりゃそうですよねえ。給水管がなければ、水を出せませんから😊

 

 

▲クリックで拡大

でね・・・この給水管の下の高さにしか、洗面台の真ん中の棚板を付けられないんですって💦

 

まあ現実的には棚板をカットすればいけるんでしょうけど・・・その手間も大変ってことなのでしょう。

 

フローリングから300mmくらいのところみたい。

本当は、わざわざ計算してフローリングから490mmの場所だったのに・・・

 

 

▲クリックで拡大

もう少し横から見てみると、上図のような感じに。

 

わかりますかね・・・真ん中の棚板が、ずいぶん下のほうにきちゃっているって・・・・😲

排水管のすぐ下だったら、もっと高い位置に付けられたのに・・

 

大工さんが言うに、工務店の方も給水管の存在を忘れていたのだろうって話。

なんじゃそりゃーーーーーー😢

 

 

▲クリックで拡大

要はね、上図のように、洗面台の真ん中の棚板の位置が、下に落ちちゃうわけですよ・・・・😲

 

この棚板には、ドライヤーボックスを入れたり、よく使う小物を入れたり、はたまたバスタオルをキレイに並べたりするわけで、その高さ、サイズ感も大事だったのに・・・💦

わざわざ細かく計算したのにーーーーー❗❗

 

真ん中の棚板、できるだけ上のほうにあったほうがおしゃれなのになあ。。。

もうこればっかりは仕方ないし、これ以上工期が遅れるのもなってことで、泣く泣く了承😢

 

タオルの積み方や、はたまたライティングでおしゃれに飾ろうっと・・・

みーたん
見た目、バランスの問題だよねえ。あとは見せ方工夫するしかないやあ。2階に洗面所があることも影響してるのかも。
あーちゃん
しっかしさあ、現場で変更する・決めること、って、結構あるよね。大工さんもボクらと直接話してきてないから、疑問点もあるだろうしさ。

なら床排水でこうしても良かった?!

▲クリックで拡大

わたしたちの場合は、工事が進んでいるためどうしようもないのですが、上図のように対応するのもアリ。

 

床排水にしてしまって、レッドの丸のように、そのまわりを囲んで隠してしまう。

そのうえで、必要なだけ板を設置するっていうやりかた。

 

これでもおしゃれですよね、そもそもの洗面台のデザインっぽくて💡

 

 

▲クリックで拡大

わたしたちの場合で言えば、2ボウル式の洗面台になっているの、上図のような感じですかね。

 

それぞれのボウルの下の排水管・給水管を囲い込む、そして棚板をくっつける。

ちょっと収納スペースが少なくなっちゃうけど、排水管・給水管の金具部分がすべて隠れるので、デザイン性は向上するはず✨

 

うーーーーん、記事を書いてて思ったけど・・・こうすればよかったか❓❗って、今さら後悔・・・

収納スペースが少なくなるとは言えど、ある意味それがキレイに区分されていてイイ感じに見えるかも・・・もう遅いけど💦

 

造作洗面台の造りは、よくよく考えてくださいね。さまざまなパターンがあるはずですから💡

あーちゃん
確かに、このほうが金物が見えないから、イイ感じに仕上がったのかもしれない。うーーーーん、だから、もう・・・遅いんだけど・・・。
みーたん
なるほどね、このパターンは頭になかったよ。もっと洗面台の在り方について、考えておけばよかったわあ。知らないって損だね。

最後に

造作洗面台って、設備のなかでも一番難しいんじゃないかと思います😲

 

キッチンだってお風呂だってトイレだって、型が決まってるじゃないですか、ある程度は。

あとはどれを採用するのか、それだけ。

 

でも造作洗面台って、カウンターもボウルも水栓も、その大きさやカタチ、造り方や仕上げに至るまで、無限大に可能性があるんじゃないかなあ💕

だから難しいんです。

 

イメージを膨らますためには、いかに多くの洗面台を見るか、です✨

インターネット上の画像であれ本物であれ。

 

ステキな洗面台に仕上がりますように💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!