キッチンを長くする造作カウンターとしっくりくるゴミ箱

キッチンを長くする造作カウンターとしっくりくるゴミ箱

今回のテーマは、

「キッチンを長くする造作カウンターとしっくりくるゴミ箱

 

注文住宅の内装・インテリアを検討中のわたしたち。

以前、キッチンの仕様についてはお話したのですが、実はキッチンカウンターを長くする工夫として、造作カウンターを設置するんです👍

 

今回は、その造作カウンターにたどり着くまでのお話と、そこにしっくりくるゴミ箱についてお話していきたいと思います😊

キッチンに造作カウンターを

▲クリックで拡大

上図は、リクシルさんから出してもらっていた、わたしたちのキッチン「AS(エーエス)」。

 

まあ、、、、壁紙のカラーも何も反映していないので、上図イメージにしかならないですけど・・・水栓や食洗機など、オプションも割りと盛りだくさんに詰め込んでいます。

あと、カウンターはベージュに変更。

 

そして間取り上、L字にしているんですよね😲

L字ってコンパクトで使い勝手はイイと思うんですけど、ちょっと小さくまとまっている感があって・・・💦

 

もう少し広く見せれないものかしら?って考えていたときに浮上した案が、キッチンに造作カウンターを付ければ長くなるっていう。

 

 

▲クリックで拡大

どういうことか、具体的にわたしたちの間取りを見ながらイメージしていただければ👍

 

実際のキッチンの長さって、上図オレンジの枠までしかないんです。

でも、オレンジの枠のまま設置してしまうと・・・その奥の和室スペースと幅が合わないんですよね・・・💦

 

だから、緑丸の部分に造作カウンターを設置するってことなんです😲

もちろんキッチンカウンターと同じ高さで、ですよ。

 

 

▲クリックで拡大

一般的には上図のように、キッチンの両サイドってエンドパネルで覆われるんですけど、そのエンドパネルをとっぱらって、そのまま造作カウンターをつなげちゃうっていうことです😲

 

そうすれば、キッチンカウンターを長くできるじゃないですか✨

コンロ側は油はねの問題があるので、仕切りがあったほうがイイってことでしたけどね。

 

 

▲クリックで拡大

でも、ただの造作カウンターだったらイマイチなので、天板部分にタイルを張ってもらえば、それだけでも十分おしゃれになると思うんです💕

 

キッチンも広く取れて、かつ普通のカウンターではなく、お気に入りのタイルで飾れるなんて一石二鳥ってこと。

みーたん
キッチンに直接造作カウンターが付けれるなんて知らなかったなああ。そんな方法もあるんだね。
あーちゃん
コンロ側も造作カウンターにしちゃえばよかったんだけどねえええええ・・・・さすがにそれじゃ食器が置けないから断念。

造作カウンターの大きさとゴミ箱

▲クリックで拡大

造作カウンターがどのくらいのサイズなのか、それが上図です。

幅は約460mm・奥行きが約650mm・高さが約800mmですって💡

 

シンク脇のスペースが460mmも広くなるって、なかなかありがたいことです。

 

洗い物やできあがった料理を置いたりすることもあるかも。

何か飾れるインテリア、たとえば大きなフラワーだったりおしゃれな照明だったりを置くかもしれません、ちょうどLDKの中心で目立つところですからね。

 

 

▲クリックで拡大▲

ちょうどこのあいだ、ZARAHOME(ザラホーム)さんのセールで上図の照明を買いましたし。

タイル敷のカウンターのうえに、こんな照明を置いたら映えますよね✨

 

 

 

さらにはカウンター下の空洞スペース、ここは何に使うかというと、ゴミ箱入れでしょう。

 

たまたま今住んでいる地域のほうが、生ごみ処理機の助成金が多かったので、上図パナソニックさんのものを早めに購入しておいたんです😊

 

通常なら6万円以上するこの商品も、助成金とポイントのおかげで半額になりますから、すっごくお得なんですよ👍

 

でもでも、こんなものを空洞下スペースに入れてたら、目立って仕方ない、景観を害します。

 

 

ということで登場するのが、もう1つのゴミ箱。

 

上図は実際にわたしたちが購入したものですが、このゴミ箱・・・ただごとじゃない人気商品なんです・・・いったいいつ入荷してくれるんだっていうね💦

 

そんなことは置いておいて、このゴミ箱、サイズ感もカラーもピッタリなんです✨

 

 

▲クリックで拡大▲

生ごみ処理機を空洞スペースの奥に入れておいて、手前に先ほどのゴミ箱でフタをしてあげる感じですね😊

こうすることで、生ごみ処理機のデザイン性のなさも隠せるっていう。

 

サイズが440mmのようで、まさに460mmの幅にすっぽりピッタリおさまる。

良かった・・・生ごみ処理機をパントリーに入れるのもいかがなものか、って思ってましたしね😲

 

 

▲クリックで拡大

上図は、リクシルさんのアレスタというキッチンですけど、ASのカラーはそれと同じで、ゴミ箱との相性も良さそうです。

 

すごく安心しました、、、というのも、、、わたしたちのオウチって・・・入ったらまずキッチンの内側があるっていう、異色の間取りなんです💦

 

 

▲クリックで拡大

ホラ、もう一度間取りを見てみると、玄関からまっすぐ行くと、キッチン内側、ダイニングスペースにぶちあたるっていうね。

 

ここのスペースをおしゃれに保つ、おしゃれに飾ることを前提にこの間取りにしたので、ゴミ箱も気を使わないといけないんですよ💡

生活感のあるものは一切出さないスタンスですから。。。大変なんです。

 

 

▲クリックで拡大

キッチン全面に貼るタイルは、こだわりぬいたものを貼り付けてもらうんですけどね。

上図のホテルライクな、ゴージャス感のあるタイル「アルティジャーノ」。名古屋モザイクタイルさんのものです💡

 

とりあえずこんな感じで、造作カウンター、そしてゴミ箱問題もとりあえず解決。

あとは、実際に出来上がって住んでみて、また不都合があったら考えようっと💦

みーたん
なんなら、リビングよりもダイニングキッチンのほうが目立つもんね、わたしたちのオウチ。
あーちゃん
ゴミ箱ですら、いかに違和感なくインテリアに馴染ませるかって、結構難しいわ。

やっぱり長い・広いと実感した瞬間

▲クリックで拡大▲

▲クリックで拡大▲

だんだん進んできている建築、ようやく最近になって、キッチンカウンターの腰壁の骨組みができていました。

 

やっぱりね・・・造作とは言えど、カウンターを460mmも長くすると、結構広く感じるんですよコレが😲

さらにL字になっているもんだから、作業スペースも広く取れそうですしね。

 

確かに良く考えると、コンロスペース除いて2,600mmくらいあるわけですから。そりゃ広いって。

一般的に2,600mmって、コンロスペース込みの長さですもん💡

 

造作カウンターを引っ付けるのも・・・どんな感じなるのかわからなかったんですけど、意外に悪くないですよ👍

あーちゃん
あとは、実際にキッチンが入ったときにどう変わるか、だね。
みーたん
広いのはイイんだけど、トータルでおしゃれになるのか、まだまだわからないもんね。

最後に

キッチンって・・・よくよく考えたら、トビラを除く三方を、壁かパネルで囲まれていればイイんです。

 

ってことはね、キッチン両脇じゃなくて、それこそシンクの前に造作カウンターを設置してもイイんです。

垂直にカウンターを造ることだってできるってこと。意外に可能性は無限大だったりするんですよねえ👍

 

キッチンのメーカーさんではこんなこと教えてくれません、既製品で工夫できる範囲内でのお話ですから。

でも実際にはできるんですよ✨

 

これを知っていれば、もしかしたらキッチンの在り方、設置場所だって、少し変わるかもしれませんよ😊

ステキなダイニングキッチンに仕上がりますように💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!