注文住宅のドアにボリューム感・存在感を持たせる方法?!

注文住宅のドアにボリューム感・存在感を持たせる方法?!

今回のテーマは、

「注文住宅のドアにボリューム感・存在感を持たせる方法?!

 

注文住宅完成まで残り1ヵ月、ついにドアまで取り付けられていたんです。

 

そのドアを見て、「やっぱりこうして良かったなああああ」ってしみじみ思ったんですよ😙

今回は、注文住宅のドアにボリューム感・存在感を持たせる方法について、お話していきます👍

注文住宅に取り付けられたドア

▲クリックで拡大▲

上図は、わたしたちの注文住宅・2階の間取りと、ど真ん中にある洗面所からドアの方向を見たときの写真です。

 

この角度が好きなんですよね、なんか1ヵ所を支柱に2つのドアがあって、なんかおしゃれで💕

あ、まだクロスとかは張られていませんよ?まだ建築中ですから。

 

 

▲クリックで拡大▲

上図左は、1階リビングのドアですね。右はまだ取り付けられていませんでしたが、ガレージのドアになります。

 

とまあ、他にもドアはありますけど、こんな感じで取り付けられていました。

 

ただのドアでしょ、普通じゃん。って思う方もいるかもしれませんが、ちゃんとその仕様にこだわって造られているんですよ✨

標準仕様だと、ここまでの物にはならないんです。

みーたん
実際に取り付けられたドアを見ると、これにしてよかったよね!ドアのボリューム感もすごいイイ感じだし!
あーちゃん
存在感のあるドア仕様にしているからね!

標準仕様のままだと残念・・・・

▲クリックで拡大

わたしたちが選んだのは、リクシルさんの「ラシッサ」というシリーズのドア。

たまたま工務店さんの標準仕様が、このラシッサだったんです。

選んだカラーはクリエダークがほとんど。

 

ラシッサって、カラーもデザインもたくさんあって、とってもおしゃれなドア。わたしたちも大好きになりました💕

 

 

▲クリックで拡大

でもね、、、いくらラシッサが標準仕様と言っても、どんな物でも選び放題ってわけじゃないんです。

 

上図は、わたしたちの工務店さんの標準仕様の一覧なんですけど、、、実は全然選べないんです、ドアの仕様💦

それに、ガラス付ドアなんて、リビング1ヵ所しかつけられないし😢

 

まあ、どのハウスメーカー・工務店さんでも、こんな感じだと思うんですけど。

 

 

▲クリックで拡大

上図は、1階・2階のトイレのドアなんですけど、ここだけは標準仕様のドアを使っているんです。

先の写真との違いわかりますか❓

 

答えは、そう、立体感。

ノペっとしている立体感のないドアが、標準仕様でしかないのですよ😢

 

別にすべてのドアがこの仕様であっても生活できますし、気にしなければ問題もありません。

 

けど・・・もっとおしゃれにしたい、存在感・ボリューム感が欲しいって思うわけです💦

あーちゃん
標準仕様のままだと、ドアがゴージャスに見えるってことはないなあ絶対。ただそこにあるだけって感じか。
みーたん
そうそう、わたし取り付けられたドア見たとき、やっぱりすごい存在感あるなあああって思ったもん。標準仕様とは全然違うんだろうなあ。

ボリューム感・存在感を持たせるには

▲クリックで拡大

ドアに存在感やボリューム感を持たせたい、ゴージャスに仕上げたいって思うなら、オプション費用を払ってでも、その仕様を変えるしかありません。

 

ノペっとした立体感のないドアが標準仕様だとしたら、たとえばガラスを入れるとか、框仕上げにするとか、グレードを上げればイイんです✨

そのオプション費用は、だいたい1ヵ所あたり10,000円ってとこだと思いますよ。わたしたちもそうでしたから👍

 

まずはドアの形状を変えることで、雰囲気なんてガラっと変えることができますから。

ちなみにわたしたちは、ガラス付ドアを4ヵ所(リビング・ガレージ・洗面所・寝室)付けていますし、框仕上げドアを1ヵ所付けています😊

 

 

▲クリックで拡大

ドアそのものの形状以外に意識したいものは、ドアのケーシングです💡

ケーシングってあんまり聞きなれないかもしれませんが、簡単に言えば、ドア枠のことです。

 

上図は、わたしたちが今住んでいるマンションのドア枠。わかりますか❓ドア枠が、なんかボリュームがあるというか、ゴージャスっていうか✨

 

 

▲クリックで拡大

もしね、ノペっとした標準仕様のドアに加え、ドア枠まで標準仕様で終わらせてしまうと、上図のようなドアになってしまいます。

 

イイ意味でスッキリしているというか・・・でもインパクトがないっていうか・・・😢

ドア枠もドアそのものも、フラットで立体感がないからですよね。

 

 

▲クリックで拡大

もう一度わたしたちのドアを見てみると、フラットなドアと比べると、全然違いませんか❓

 

ハウスメーカー・工務店さんの標準仕様のなかから選ぶと、ここまでの選択はおそらくできないでしょう💦

だって、ドアの細かい仕様は、カタログを全部読み込んで初めてわかるものですから。

 

ドアのデザインにカラー・ガラスの種類・ドアのぶ・ケーシングの種類、色々と仕様を選ぶことができるんですよ、本当は💡

 

そうそう、ハウスメーカー・工務店さんに聞いても、そこまで細かくはわからないでしょう。だって、メーカーさんではないんですから😮

自分でショールームに通い話を聞き、自分で理解することが大切です。

みーたん
わたしたちも何回も話を聞きにいったもんね、ドアだけじゃなく、すべての設備に関して。
あーちゃん
ハウスメーカー・工務店さんに確認するのは、「この仕様にした場合のオプション費用は?」ってことだけだな。

最後に

注文住宅の設備って、すっごくたくさんあるんですよね。

 

そのなかでも特に費用がかかるのは、やっぱり水回り設備だと思います✨

キッチン・お風呂・トイレ・洗面台、ですね。

 

でも、そこだけに費用をかけすぎるのはダメ。

ドアや窓、照明などの内装関係にも、かなりの費用がかかりますから💦

 

そのなかでもドアは、正直そこまでオプション費用がかかるものではありません。

ドアは標準仕様でイイよね、ではもったいないですよ。オウチの大切な部材の1つなんですから😊

まずはカタログから読んでみてくださいね。

 

ステキなオウチに仕上がりますように💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!