注文住宅の壁の下地はどこに付ける?前もって計画を

注文住宅の壁の下地はどこに付ける?前もって計画を

今回のテーマは、

注文住宅壁の下地どこに付ける?前もって計画を

 

工務店さんとの打ち合わせのなかで、話題にあがった「壁の下地」。

たまたま、壁かけテレビにするという話になった、つまり重たいものを壁に付けるという話になったからです💡

 

しっかりした壁の下地がないと、壁に固定できませんからね。なので、あらかじめ下地を入れてもらう必要があると。

 

せっかくなのでこれを機に、クーラーやブラケットなどの必然的なものは除き、後付けでどの壁に何を取り付けたいのか考えてみました👍

壁に下地を付けていないと非常にめんどう

▲クリックで拡大▲

もし壁に下地をつけていないと、本当にめんどくさいことになります。

家の構造上、建物には柱と間柱があって、それで建物を支えているわけですが、その間は空洞になっているんですよね💦

 

空洞にビスを打ち込もうとしても、力が伝わらず、すっぽり抜けてしまうのです😢

 

原始的なやり方であれば、まず壁をトントン叩いて、音が変わる場所を探す。

音が変わったところに柱が埋め込まれているので、寸分違わぬ精度でそこにビスを打ち込まねばなりません💦

 

困るのは、単純にめんどくさいということと、もしかしたら、好きな場所に好きなものを付けることができない可能性があるということ。

みーたん
ってことは、あらかじめ壁下地まで含めて計画しておかないと、後々後悔することになるってことか。
あーちゃん
「どこに何を付けるか・付ける予定があるのか」まで考えておかないと、下地がないから付けられないとかね。だからそれを考えてみようってことさ。

テレビ壁かけのための壁下地

▲クリックで拡大▲

まずは重量級のテレビ壁かけです。

 

わたしたちの間取りでは、

  • ダイニングテーブル上に1カ所
  • 寝室ベッドの足元に1カ所

を予定していて、壁掛けテレビの実際の工事は、他の業者さんに頼んで付けてもらうという流れ。

 

テレビの場合は家電製品になるわけですから、コンセントの位置も超重要です💡

コンセント口ができるだけ見えないように、それでもコンセントの使い勝手よく、そして配線がごちゃごちゃならないように、前もって予想しておかないとみっともないことにもなりかねません💦

あーちゃん
テレビと一緒に、バータイプのスピーカーも壁付けしたいんだよなあ。まあ壁一面下地を貼ってもらえばイイのか。
みーたん
ダイニングよりも寝室だよ。ベッドに横になったときにも見やすいような位置につけなきゃいけないから、少し気を遣うよね。

鏡のための壁下地

▲クリックで拡大▲

続いては鏡です。

置き型の鏡であれば気にしませんが、壁付け・宙に浮いている鏡にしたい場合は、壁下地が必要👍

もしビスがきかずに倒れてきたら、鏡が割れて危ないですもんね。

 

わたしたちは上図のとおり、

  • 1階玄関のセカンド洗面台前
  • 1階玄関コンソールテーブル上
  • 2階メイン洗面台前
  • 2階寝室・クローゼットスペースを区切る壁

には、すでに鏡を取り付ける予定でいます。

 

特にコンソールテーブルとのコンビネーションが、とってもオシャレで大好き。

本当はもっと多用してもイイかなとも思います💦

 

雑貨屋さんやホームセンター、インターネットショップでも、今の時代たくさんの鏡を売っていますよね。気軽にポンっと買えてしまいます。

しかし小さいものならまだしも、ちょっと大きめの鏡を買おうもんなら、買ったはイイものの取付が困難だったり😨

あーちゃん
洗面台は、一般的には鏡を付けるだろうか大丈夫だけど、そのほかに後付けするところ、だよな問題は。
みーたん
鏡って、あればあるほど便利なんだよ、意外なことに。今のわたしたちのプランだと、1階LDKのなかにも一ヵ所くらいあってもイイのかもね。

コートハンガー(フック)のための壁下地

▲クリックで拡大▲

コートも、何着も重ねると、結構な重さになるんですよね。

置き型コートかけなら問題ありませんが、壁付けコートかけの場合は下地をつけておきたいところ。

 

わたしたちは上図のとおり、

  • 1階LDK入り口手前
  • 寝室ベッドの向かい両脇

には、下地を入れておきたいなあと思っています💡

 

1階は、主にお客さまに使っていただく用ですね。

コートを部屋のなかにまで持ってきてもらっても、意外にかさばってしまって、置き場所に困るケースもありますから。

 

お客さまにも気を遣わせず、部屋に入っていただくことができるわけです👍

 

 

▲クリックで拡大▲

また2階寝室には、結婚式のときに使って買い取った、ウェディングドレス・タキシードをフックに飾りたいなと考えています✨

 

特にウェディングドレスは、1着だけでもなかなか重いんですよ。

壁に下地が入っていなければ、支えるのは難しいでしょう💦

みーたん
今住んでいるマンションでは、見事にクローゼットに収納されております。ようやくオウチに飾れるんだああああ、楽しみだな。
あーちゃん
玄関にも、オシャレなやつ付けとこうよ。あって損はないと思うしさ。

ホスクリーン・シーリングファンのための天井下地

▲クリックで拡大▲

ちょっとズレて、ここでは天井の話です。

天井といえば、普通に電気設備を付けるわけですが、わたしたちはそれだけじゃなく、

  • ホスクリーン
  • シーリングファン

も天井に設置する予定です💡

 

ホスクリーンも洗濯物をかければ、下手したら10kgもの重さになりますし、シーリングファンも1人で持つのがしんどいほどの重さ。

 

下地がどうなっているのかは不明ですが、あらかじめ計画のうえ、ハウスメーカー・工務店さんには伝えないといけませんね💦

ちなみにシーリングファンは電化製品ですから、スイッチの配線費用までかかりますからね。

みーたん
天井の下地がどうなっているのかなんて、聞いてなかったねそういや。確認しとかなきゃ。
あーちゃん
でも天井に付ける重たいものって、コレくらいなんじゃないかな。ほかにあるかしら。

キャビネット系のための壁下地

▲クリックで拡大▲

話は戻って、キッチンの壁には、造作棚やDIY棚なんかを付けたいと思う方も多いはず。

小ビンやソーサー、カップなどを乗せたりすることもあるわけなので、棚もしっかり固定されたものでなくてはなりません😲

 

また、わたしたちのように、サニタリースペースに収納を十分設けられなかったりするときは、別で収納キャビネットを用意したりします。

それが壁付けのものであれば、やっぱり倒れないように固定することが必要ですよね👍

 

 

サニタリースペースにあったらイイなの「タオルウォーマー」、でも直角じゃないと取り付けできない!▲クリックで拡大▲

同じくサニタリースペース関連で、わたしたちが、どうしても取り付けたいなーと考えている「タオルウォーマー」✨

 

かなりの重要がありますから、これを取り付ける場所にも当然下地が必要、そして電化製品なのでコンセントも。

みーたん
キャビネットみたいなものって、たくさんあるじゃん種類もデザインも、取り付ける場所の範囲だって広いし。すごく難しいな。
あーちゃん
でもキャビネット系のものは、最近じゃ壁の下地なくても、取り付けれるものもでてきてるみたいよ?

壁下地なしでも取り付け可能?

▲クリックで拡大▲

石膏ボードの壁であればどこにでも付けられる、すぐれものの商品。

 

ビスでズドンと穴を開けなくても、アンカーというビスの埋め込み場所をつくらなくても、ピンだけでキャビネット固定しちゃうと😲

 

部屋の雰囲気をちょっと変えたいときとか、旅行先で買ってきた雑貨を飾りたいときとか、かなり手軽に取り付けることができそう。

 

 

みーたん
はああああーーー時代はDIYだねえ。自分でこんなもの簡単に付けれちゃうんだ。
あーちゃん
まあこういう小さめのものならイイけど、大きな物はあらかじめハウスメーカー・工務店さんに相談だよ。

最後に

あくまで、わたしたちの場合を例にとって書きましたが、人によっては状況はさまざま。

 

サーフボード・スノーボード・スケートボードなんかを飾っておきたい人もいるでしょう✨

自転車だって、立派なインテリアになるわけですから。

 

わたしたちもスポーツ用品、たくさん持っていますから、もうちょっと考えてないと。

神奈川県・湘南・茅ヶ崎市に家を建てるので、もしかしたらサーフィンなんかも始めちゃうかもしれませんしね😊

 

インテリアは無限にあってキリがありませんが、お互いステキなおうちに仕上げましょうね💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!