「タマホーム」さんで同じ間取りを見積もるとどうなるか。資料請求を活用してハウスメーカー比較する毎日

今回のテーマは、

「『タマホーム』さんで同じ間取りを見積もるとどうなるか。資料請求を活用してハウスメーカー比較する毎日

 

一社請負契約を結んでいて、おおよそ間取りを確定させる手前となりますが、もっとお得なハウスメーカーがあるのかを探索中のわたしたち💦

 

たまたま訪れた住宅展示場で話を聞いた「タマホーム」さんに、上記事情を説明のうえ、もっと良い条件なら建築会社乗り換えを視野に入れることを前提に、わたしたちが造った間取りを見積もってもらいました。

 

今回は、タマホームさんからいただいた、外観や間取り・内観イメージと合わせて、概算見積もりの結果についてお話ししていきたいと思います👍

元になる間取り

▲クリックで拡大

タマホームさんにお渡しした間取りから、少し修正が入っているものの、おおよそこんな間取りを事前にお渡しして今回作成いただきました💡

 

大きくポイントを言えば、以下のとおり。

  1. ビルトインガレージには大きな窓を付けてLDKから車をインテリアのように眺められる
  2. リビングは和室にして階段はストリップ階段に。窓際を小上がりに。
  3. サニタリースペースは2階のど真ん中に位置し、隣の寝室を含めてホテルライクに
  4. バルコニーは屋根付きで南面に大きく
あーちゃん
ボクらがお世話になっている工務店さんでは、内観パースまで出てこないから、他社さんでやってもらえるのは実は助かったりする。
みーたん
あとはこの間取りがちゃんと実現できて、なおかつコスパ良くできるか、が問題だね!

外観イメージ

▲クリックで拡大

外観イメージは、まわりの景色があまりに盛られすぎているものの、まあ無難にまとまっている気がします😲

 

しかしイメージで見ると、南側のインナーバルコニーが狭く見えます。6.5畳分とっているので、それなりに広々しているはずなのに。

あーちゃん
外観は特に言うことないかな、ボクらのイメージ通りだもんね。
みーたん
うん、総2階の切妻屋根、一番ベーシックなカタチにして、費用をおさえているからね。外観はこんなもんだと思う。

1階間取りと内観パース

▲クリックで拡大

わたしたちが事前にお渡ししている間取り図と、照らし合わせながら内観を確認していきます。

 

やや異なるところも部分もありそうですが、おおよそ実現可能かのように見えます。

しかし、このイメージでは車が「アウディ」なのですが、非常に狭い。ギリギリなんじゃないかという💦

あーちゃん
もう少しガレージには余裕あるかと思ってたけどな。幅が3,150mmだと、やっぱり結構ギリってことか。
みーたん
断面図にするとよくわかるけど、やっぱり結構狭いんだよなあ。一応LDKで20畳は取ってるんだけどね。大丈夫かなあ。

 

 

▲クリックで拡大

LDKの右端、上図赤い三角から見渡したイメージです。

 

間取り上では見落としていましたが、問題ありすぎる現状😨

  1. ここは壁を立てない、リビングとの対面L型キッチン、吊り収納もいらない
  2. 変な壁が立っている、これをなくさないと空間がつながらない
  3. すぐ向こうに隣があるのに掃き出し窓はいらない

 

一応間取りについては目の前で、ここがこうで・ああで、とお話ししたものの、やはりイメージと異なるところだらけ💦

みーたん
なにコレ。わたしたちのオウチ、全然オシャレじゃないじゃん。キッチも対面じゃないし。ここはLDKが一つの空間になってないと意味ないのに。
あーちゃん
キッチン横の大きな柱には、パイプスペースを取るらしいんだ。2階のど真ん中にサニタリースペースがあるからってさ。
みーたん
2階のど真ん中にサニタリーがあるからって、その真下に落とすのは芸がなくない?!なんとか工夫するでしょそこは!

 

 

▲クリックで拡大

今度は先ほどの逆方向から見たパターン。

  1. ガレージ窓があまりに小さい。もっと広くとらないと、部屋全体から車を眺めることができない
  2. やはり先ほども問題になったパイプスペースの壁。圧迫感がたまらない

 

みーたん
せっますぎじゃない?!何この景色。誰も住みたいとは思わないって。わたしたちこんな家に住むの?!
あーちゃん
あれだけ必死に考えた間取りが、こんな結末を迎えるとは悲しいねえ。視線が抜けてないのがなによりの原因でしょ。

 

 

▲クリックで拡大

最後に、和室リビング側を向けてのイメージ。

  • 押し入れ?和室収納は吊り収納、ここは床の間をイメージ

 

畳はヘリなしで、小上がりからストリップ階段につながるイメージは、割と正確に再現👍

みーたん
安っぽいなあ。やっぱり、フローリングとか壁とか色にこだわってない状態だと、オウチって本当に普通になっちゃうね。
あーちゃん
あと、照明でオシャレにもできるしね。これだけじゃ判断できないけど、この状態で仕上がったら、恐怖しかないわ。

2階間取り

▲クリックで拡大

2階の間取りは、1階ほどのイメージギャップはなし。

 

 

▲クリックで拡大

2階ど真ん中に位置するサニタリースペース、その洗面台はリクシルさんの「ルミシス」、1,800mmの長さをイメージ。

 

しいてあげるとすれば、上図の番号をふっている部分が壁ではなくガラス張り💦

 

 

▲クリックで拡大

2階寝室は、奥のワークスペースの壁が腰壁であることくらいで、まあイメージには近い状態。

 

もちろん、クロスの張り替えなどはこれからですけどね。あとはここを勾配天井にしようかと、あとあとになって変更したり💡

みーたん
まあそうだね、2階はちょっと手を入れれば大丈夫そう。
あーちゃん
でも・・・この間取り、なんか変だ。建物そのもの長さがボクらのイメージよりも小さくなってる。

隠された諸問題:オーバーハング

▲クリックで拡大

そもそも、わたしたちの間取りでは、2階を910mmオーバーハングさせることによって、1階のガレージ前・玄関ポーチを雨にさらされないようにしています💡

 

 

▲クリックで拡大

しかしこの外観イメージを見てみると、910mmもオーバーハングしていない、実際には450mmだそうです💦

 

どうやら、タマホームさんの仕様では、オーバーハングさせることができる基準が450mmまでと決められているそう😢

 

 

▲クリックで拡大

ですので、同じと思われていた間取りは、450mm分だけ実は削られている現実でした。

みーたん
なんじゃそりゃああああ!450mmしかずらせないなら、雨よけにもならないし、デザインが変になっちゃうよ!
あーちゃん
そうなんだよ。奥行きを玄関まわりから感じさせるように910mmオーバーハングさせてるのに、これじゃあやる意味がない。

隠された諸問題:構造上の壁

▲クリックで拡大

しかも、再度1階を良く見てみると、ガレージのなかにピョコンっと壁が出っ張っていること、ガラス張りにしたい部分が壁になっていることにも気付く🥶

 

こんな状態では、助手席側のドアを開くことができないし、車も入れにくくてしょうがない。

 

 

▲クリックで拡大

なぜこんなことが起きるかと、わたしたちの間取りでは、1階と2階の壁ラインが合っていないから💦

 

壁のラインが合っているほうが、耐震性を強くすることができる。だから、壁を合わせるポイントをどうしても造りたいとのこと😨

 

パイプスペースの壁もそう。壁の量をもっと増やしたいということです。

みーたん
確かに横のラインの壁が少ないのはわかってるけどさあ。

わたしたちの工務店さんは、「そんなこと言ってたら、理想の間取りはできないでしょ。それを何とかするのがわたしたちですよ」って言ってたもん。

あーちゃん
ハウスメーカーは、決まり事が多いんだよね。マニュアル化されてるやつ。

個別の要望ってこういうところに出てくるのに、それができないって言われた日には、却下するしかなくなっちゃうよねえ。

この状態での見積もりは

▲クリックで拡大

施工面積132㎡・39.95坪で、約1,444万円。坪単価、まさかの36.5万円😨

 

どんだけ安いんだと思いきや、その下のオプション工事で、たいしたものが付いていないのに関わらず、すでに260万円を計上😢

 

特に、準防火地域であるがゆえの窓の追加費用や、収納増設、2階サニタリーの設置、ほかにもガレージのコンクリ打ち、バルコニー屋根などが大きな額を占める。

結局、この最低限度のオプションを乗せて計算しなおすと、坪単価は42.6万円になります💦

 

 

▲クリックで拡大

もちろん家はこれだけでは建ちません。最低限かかる必要経費もあります、その額が約220万円。

 

さらに消費税8%を加えて、ここまでで合計2,060万円となり、坪単価51.5万円に😲

 

▲クリックで拡大

また、照明器具やカーテンなどを調達したり、地盤改良や水道引き込み、地鎮祭、火災保険などの諸費用が、先ほどの2,060万円に上乗せして計上されることになります💦

みーたん
えーーー!ちょっと待ってよ。まだこれ、水回り設備のオプション費用って入ってないよね?!それでこの金額?!
あーちゃん
もちろん入ってないぞ。ガレージシャッターも手動式になってるし。だんだんお得感がなくなってくる。

最後に

とりあえず、間取りは全然それどおりになっていない状態ですし、水回りのオプション費用も計算されていないので、それを入れた状態で見積もり直しです。

 

同じ間取りで見積もってもらうと、ハウスメーカー・工務店さんの特色をすごくよくつかむことができます。

同じ間取りのはずなのに、同じにならなかったり、設備も異なったり、費用だって当然異なる👍

 

冒頭でもお話ししましたが、わたしたちはすでにハウスメーカー・工務店さん1社と請負契約をすでに結んでいます。

が、比較をせずに決めてしまったものだから、本当に自分たちの選択が良かったのかと不安になることも😟

 

だから、知識が多少なりともついた今になってハウスメーカー・工務店さんから情報を仕入れているのです。

 

決して遊んでいるわけではありません。もちろん、今よりも良い条件なら乗り換えることも真剣に考えています。

「契約」するとそこでおしまいにようにも思いますが、「解除」することもできるわけで💡

 

もし少しでも、請負契約を結んだハウスメーカー・工務店さんの対応が「イマイチだな」と感じたら、着工する前にすぐに動きましょう。

動いた結果、もしかしたら今契約しているハウスメーカー・工務店さんが最高だったと思えるかもしれませんね。

 

夢のマイホームを建てるためには、英断することも必要ですよ😊

 

▲クリックで詳細確認

タウンライフさんには、非常にお世話になりました。

もし出会ってなかったら、わたしたちが置かれている状況もわからないままでした。うまく活用してくださいね💕

 

 

*こんなオウチが建ちましたよ*

長文お読みいただき、ありがとうございました!

 

今回読んでいただいたことが、最終的にどうオウチに反映されたのかは、WEB内覧会にて公開中です!!

 

入居後のWEB内覧会を、ザクっと一気に見るなら、こちらからどうぞ!

また、場所別にご覧になりたい方は、こちらからですよ!

 

 

1つ1つは細かいことかもしれませんけど、それらが積みあがって最終的にオウチが完成しますもんね。

どれだけ時間を使って考え尽くしたか、調べ尽くしたか、が結果にも現れますから。

 

少しでも参考になる内容があれば嬉しい限りです!

これからもよろしくお願いしまあす!